​そもそも「働き方改革」とは?

「働き方改革」は、なぜポストコロナの新時代の企業経営に必須な改革なのか?

その理由を、国は以下の二つのポイントを謳っています。

 ①「労働時間法制の見直し」

・工場・作業所労働から、サービス・知的労働へと労働環境が変化している

・その結果、労働評価の重点が、「時間」から「期間」へと変化している

 ②「雇用形態に関わらない公正な待遇の確保」

・働き手の確保が難しい時代、多様な働きを提供する事により、雇用を積極的に確保する

・サービス・知的労働は、労働の内容がより複雑で、働く側には「適所」で、企業にとっては「適材」の見極めが難しい。その結果、雇用市場は流動化し、「終身雇用」は働く側にも雇用する側にもメリットがなくなる。

​こうした労働市場の変化に柔軟に対応する為の労務管理システムが必要

ビジネスミーティング