利用事例
利用料金シミュレーション

​関東地区に工場を持つA社さんの利用事例です

電子タイムカードシミュレーション.png

この会社さんは関東地区に工場をお持ちで大阪、名古屋に支店があります。
MB 電子タイムカードをお使いになる、「打刻者」の人数は105 人です。給与計算や社会保険事務に関しては全て契約している「社会保険労務士事務所」さんに委託しています。

この会社さんはこのMB 電子タイムカードの導入によって、それまで月に複数回社労士さんの事務所と、本社人事部間で実際に社労士事務所の担当者に来社してもらい、最終的にタイムカードのデータをExcel 形式で取りまとめたデータを手渡ししていました。

MB 電子タイムカードの導入によって、そのような作業が一切無くなった他に、ほぼ毎週人事担当者が電子化された勤怠データを細かくチェックすることでより細かな従業員の「働き」の日々の「息使い」まで、感じるようになった。と仰っています。

この会社さんのシステムの導入にかかった経費は下記の様になりました。

MB電子タイムカード導入経費

導入費用は、大きく三つ

● 初期費用  ​● 月額使用料 ● 年間保守料

 

 初期費用は、契約時のみ必要となります。

ハードウエアとして、パソコンとカード読み取り機が必要ですが、すでに使用中のパソコンやカード読み取り機をお使いになることも可能です。Windowsのタブレットも利用可能です。

会社で打刻カードを発行する場合は、カード費用が発生します。(参考までに200枚のケースを記載しました)、社員カードなどを流用可能な場合は必要ありません。

システム導入費は、導入時のサポート等を含む料金です。

 月額使用料は標準使用料と追加料金です。

標準使用料はシステムを利用される場合の最低料金となります。この会社さんは標準費用に含まれる、打刻者数が50人を超えていたため100人分の追加を行いました。その他の追加は必要ありませんでした。

​ちなみに、打刻者数は50人単位で、端末台数は1台から追加が可能です。

​ 年間保守料は、サーバー等のメンテナンスコストです。

アートボード 1.png